梅雨時期の対策

梅雨時期の対策

 

こんにちは!ついに梅雨入りしましたね・・・

早速ですが、

『梅雨』という漢字になぜ『梅』という漢字が含まれているかご存知でしょうか?

→梅の実が熟す頃だかららしいです。

以上、豆知識。

 

 

さて、この時期は晴れてもジメジメして雨も多いし

かなり憂鬱な時期ですよね。

家ではうまくスタイリングできても職場に着く頃には、ボサボサしたり

ペタッとしたり癖がいつも以上出たりしてしまう方が多いんじゃないでしょうか?

そんなあなたにこの時期の湿気対策とヘアケアをお伝えします!

まず、

 

湿気の多い日に髪がまとまらない原因は?

これですよね。

なんで湿気が多いこの時期に髪が一気に扱いにくくなるのか!!

実は主な原因になるのは、髪のダメージなんです。

詳しく説明します!

まず髪が傷むと表面のキューティクルが剥がれてしまいます。

キューティクルが剥がれてしまうと剥がれた部分から水分(湿気)を吸収します。

この時に吸収した水分(湿気)が膨張して髪がうねってしまうんです。

さらに髪の1本1本が膨張して異なる形状になるので、

結果髪全体の広がりにつながってしまうということですね。

 

髪のダメージの原因は?

カラーリング・パーマなど薬剤を使った施術

薬剤に含まれる成分によって、表面のキューティクルが剥がれて髪の中にある栄養分が流れ出てしまいます。

繰り返し行うことで髪にはどんどんダメージがかかります。

が!!

薬剤を使った施術によるダメージを軽減させて、悪い成分を髪に残さないようにする新しいトリートメントを導入していますのでご安心ください。

 

また後日ブログで紹介させていただきます!

 

 

紫外線によるダメージ

こちらご覧ください

紫外線と毛髪について

ドライヤー・アイロンを使った熱によるダメージ

髪の8割はケラチンというタンパク質でできています。

このタンパク質は熱に弱く、ドライヤーやアイロンによって加えられる熱によって熱変性(タンパク変性)を起こしてしまいます。

熱変性を起こした髪の毛はいくらトリートメントをしても再生することはありません。

このダメージを防ぐためには熱を加える前に洗い流さないトリートメントをつけることをオススメします。

洗い流さないトリートメントにも種類があるので、髪質に合うタイプを使ってください。

種類はぜひご相談してください!

 

湿気の多い日に扱いにくい髪への対策

 

ダメージケアが一番です!

ただ、傷んでしまった髪はどうにもならないので毛先を切ることも必要になってくると思います。

ダメージが気にならない状態でも先のことを考えてどれだけケアできるかですね。

乾燥して広がりやすい髪質の方には潤いを与えてあげることが大切です。

反対にぺたんっとなりやすい髪質の方には潤いを与えてしまうとよりぺたんとなりやすくなるので、

髪にハリコシを与えるためのシャンプーに変えたり、ヘッドスパで頭皮ケアも大切だと思います。

しっとりめのオイル、クリームは不向きですね。

この時期は天気も悪いし、ヘアスタイルがうまく決まらない、うまく決まっても外に出たらすぐとれてしまう、

など憂鬱なことが多くなると思いますが、髪を綺麗にして梅雨を乗り切れるように

お手伝いさせていただきます!

 

 

お気軽にご相談してください♪

 

 

 

こちらからご予約、質問も承っております!

 

line @