ボランティアカットで感じること

ボランティアカットで感じること

 

先日、

先輩のお客様が経営している、

発育障害の子供をサポートする学校『アインシュタイン放課後』へ、

そこに通う生徒達のカットをしに行ってきました。

 

今回で3回目。

いつも呼んでいただいてありがとうございます。

今までの人生で自閉症の方と触れ合う機会が全くなく、

初めてその環境に行った時は正直驚くことが多かったのですが、

髪を切った後には喜んでくれたり笑顔になってる子供達を見ると

僕も嬉しくなりました。

子供達は普段美容室に行くことも難しく、

なかなか髪を切る事ができないと言っていました。

今はお金を払えばいいサービスや技術を受けれる世の中ですが、

やりたいのに理由があってできない事に対して

美容を通じて貢献できる事は僕にもまだまだあるなと。

僕が普段何不自由なく仕事をして生活をしてている事など

一つ一つの当たり前の事に感謝するようになったり。

自分の為じゃなくて人の為にもっと与えていけるようになるべきだと

毎回行くたびに感じさせられます。

 

 

僕はサロンで6480円のカット料金を頂いてます。

決して安くない料金ですが、

全国の美容室の

原宿表参道のエリアで

たくさんの美容室がある中

一つの美容室の

僕を選んで来てくれている事。

 

 

値段=価値

が全てではないですが、お客様にとって

値段<価値

になるように

それが技術だけじゃなくてサービス、接客も含めて

来て頂いたお客様には与えていきたいと思ってます。

 

高校を卒業して美容の事しか勉強してこなかったから

『髪』の事しか知識がないので、、

だからこそ『髪』を通じてこれからのたくさんの人の役に立てれるように

僕自身もっと成長していきます^^